知らないと損をする、猫についての豆知識。

昔、私は猫が苦手でしたが、猫を飼うようになってからは家族内の話題も増え、非常によかったと思います。

そこで、人間と猫はどのような関係にあるのかが気になり、調べてみました。

まず、猫を可愛がると「オキシトシン」という愛情ホルモンがたくさん放出されているので幸せになります。

話しかけてもそっけないですが、私達が愛する人を亡くした時に、悲しみにくれていると寄り添ってくれます。

猫を飼っている子供の87%が、猫とお友達と思っているのでそんな子供たちは不登校になりにくいのです。

また、猫と触れる機会が多い自閉症児は、会話や笑いができるようになります。

それに、小さい頃から猫と接していると喘息になりにくいのですが、元々喘息やアレルギーが有る人は飼わない方がよいです。

それによくごろごろと喉を鳴らしますが、周波数は20~140hzでこれはストレス、呼吸困難などの治療に適した周波数となり、血圧を下げる効果もあります。

あと、猫と一緒にいるとストレスが減るのでうつ病にも良く、心臓発作を40%減らし、高コレステロールが減少します。

和歌山県のある駅は、猫のタマが駅長になってその路線は活気を取り戻し、アメリカ・アラスカ州では、17年以上、猫が市長をしていました。

猫は、とにかくよく臭いをかぎます。

知らない人には警戒心強いですが、家族が帰宅すると靴にすりよってきます。

最後に、猫を飼うとストレスは減って会話も増え笑顔になれますが、体調管理などには十分注意して、念のために予防接種は年に1度は受けてください。キレイモ 脱毛