以前、家族で北海道を旅行した時、名物の「カレースープ」が食べたいと発言した所、「スープカレーでしょ」と指摘されてしまったことがあります。
カレースープとスープカレーは、まったくの別物だからです。
スープカレーは北海道札幌市発祥であるため、市内にはスープカレーの看板を多く見かけました。
では、スープカレーとは一体どんな食べ物なのでしょう。

とろみのあるカレーライスのルーとは異なり、サラサラとしたスープ状のカレーです。
スープはスパイスがよく効いており、普通のカレーよりも直接的に味が伝わります。

具材をルーに溶かすカレーライスのルーとは違い、スープカレーは具材とスープは別々に調理するので、具材が形をそのままにゴロゴロと入っています。
お肉は主にチキンを使用し、ジャガイモ・ニンジンといった定番具材の他、トマトやオクラなどの彩り豊かな野菜類も用いられます。

カレースープはスープのみで頂きますが、スープカレーは白米と一緒に食べます。
スープとライスは別々の器に盛られ提供され、ご飯をスプーンですくい、それをスープに浸して食べるのが一般的です。
札幌駅周辺にはスープカレーのお店がたくさんあるので、一度味わってみてはいかがでしょうか。ベルタ酵素 販売店